手作り無添加アイテム

天然素材のコンディショナーの作り方!好きなアロマで作ってみよう!

こんにちは!
Komariです^^

今回は、ナチュラルな素材を使ったヘアコンディショナー(リンス)の作り方をご紹介したいと思います。

石鹸や自然素材のシャンプーを使っている人にとって、コンディショナーをどれにするかは悩みどころですよね。

市販のコンディショナーには、合成香料や保存料などが入っていて、皮膚への刺激が気になる…という方におすすすめなのが手作りのコンディショナーです^^

「コンディショナーを作るなんて難しそう。」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的には決まった材料を混ぜるだけなので、簡単に作れるんですよ♪

Sponsored Link

♦コンディショナーとリンスの違い

さて、コンディショナー(リンス)の作り方をご説明する前に、コンディショナーとリンスの違いについてご説明します。
基本的には、どちらも髪の毛の滑りを良くし、髪の表面をなめらかにする役割があります。

リンスは英語で、「すすぎ」という意味があり、シャンプーした後のキシキシした髪をすすぎやすくするものとして販売されるようになったそうです。

コンディショナーは、リンスと同様に髪をなめらかにし、すすぎやすくするものですが、リンスよりも髪の内部まで浸透し、より保湿力を保つことを重視したものと言われています。

ただし、この2つの違いについては明確な基準があるわけではなく、各メーカーによっても違います。
一般的には、リンスはさっぱり系、コンディショナーはシットリ系と言ったところでしょうか。

今回は、をベースにつくるウォータータイプと、水とオイルを乳化させてつくるクリームタイプの2タイプのコンディショナー(リンス)の作り方を紹介しますが、わかりやすいようにウォータータイプの物をリンスクリームタイプコンディショナーとして説明しています。

♦超カンタン!【手作りクエン酸リンス】

♢クエン酸リンスの特徴

石鹸シャンプーはアルカリ性なので、リンスに酸性のクエン酸を使用すると、髪の毛がサラサラになります。
お酢(酸性)をリンスにするという方法もありますが、お酢のニオイが結構頭に残ってしまうんですよね…^^;

その点、クエン酸を使うと匂いが気になりません
市販のコンディショナーのようなサラサラ感にはなりませんが、クエン酸リンスでも十分、自然なツヤサラヘアを作ることができますよ!

デメリットとしては、クリームコンディショナーのように油分が含まれていないので、人によってはパサつきが気になる可能性があります。

♢クエン酸リンスの作り方

基本のクエン酸リンス

Komari
Komari
まずは、すぐに作れる基本のクエン酸リンスをご紹介します。

【材料】
水…約500ml
クエン酸…大さじ1~3程度
グリセリン…小さじ2程度
【作り方】
①ペットボトルにクエン酸とグリセリンを入れます。

②①に水を入れて、良く振り混ぜたら完成!

Komari
Komari
見た目は水とほとんど変わりません。お好みのアロマオイルを10滴程度入れてアレンジしてもOK!

ローズマリーのクエン酸リンス

ローズマリーのリンスは、「基本のクエン酸リンス」で使う水を、ローズマリーの抽出液に変えたものです。
作り方はほとんど代わりませんが、ローズマリーの抽出液を作る工程が加わります。

【材料】

水…約500ml
ローズマリーの生葉…適量
クエン酸…大さじ1~3程度
グリセリン…小さじ1~2

【作り方】

①鍋にローズマリーの生葉と、水を入れて煮詰めます。
②①を濾して、クエン酸とグリセリンを入れて混ぜます。
③②を冷まして、ボトルに詰めたら完成です!

Komari
Komari
ローズマリーの抽出液を、お好みのハーブティーに変えて作ると、ハーブのクエン酸リンスができますよ♪

♦市販品よりも良い!?【手作りクリームコンディショナー】

♢クリームコンディショナーの特徴

クリームコンディショナーは、「クエン酸リンス」の材料に、植物性のオイルを加えて保湿力をアップさせたものです。
ただし、水にオイルを加えただけだと分離してしまうため、水とオイルを混ぜる“乳化ワックス”と、とろみをつける“キサンタンガム”を加えます。

乳化剤やキサンタンガムを加えることで、とろみのある市販品の様なクリーム状のコンディショナーを作ることが出来るんですよ^^

♢クリームコンディショナーの作り方

【材料】
・キャリアオイル…大さじ1
・パーム乳化ワックス…小さじ1
・キサンタンガム…小さじ1~3
・クエン酸…小さじ1~3
・グリセリン…小さじ1
・お湯…200ml
~以下お好みで加えるもの~
・はちみつ…小さじ1
・お好みの精油…10~20滴程度
【作り方】
①あらかじめ、お湯にクエン酸を加えて混ぜておきます。
②キャリアオイルとパーム乳化ワックスを耐熱容器に入れ、レンジで2分程度加熱して溶かします。
③③の容器に、①を少しずつ加えて混ぜます。(乳化させます。)

Komari
Komari
少しずつ加え、ドレッシングマドラーなどでしっかり混ぜるのがポイントです!

④③に、グリセリンとお好みで精油やはちみつを加えます。

⑤最後にキサンタンガムを少しずつ加えて混ぜ、とろみをつけて完成です!

Sponsored Link

♦頭皮に良いおすすめ精油とキャリアオイル


~おすすめの精油~
リンスやコンディショナーを作る際に、お好みで加える精油にはとくに決まりはありません。

3~4種類程度のオイルをブレンドして、オリジナルのコンディショナーを作っても楽しめます^^

ローズマリー
ローズマリーには、引き締め作用や、血行促進作用があります。
毛穴のトラブルや薄毛などに効果が期待できます。

ペパーミント
スーっと爽やかな香りで夏におすすめ!
皮脂のベタつきも予防できるので、頭皮の脂が気になる方に。

ラベンダー
殺菌作用があるとされています。
抜け毛予防や、頭皮のかゆみ、髪の成長などにも良い効果が期待できます。

~おすすめのキャリアオイル~
クリームコンディショナーを作る際に入れるキャリアオイルも、基本的にお好みの植物性オイルを使用してOKですが、頭皮に良いと言われているオイルをいくつかご紹介します。

ホホバオイル
頭皮に良いと言われていて、クリームコンディショナーを作る際に、良く使われるオイルです。
人の皮脂に近い構造で、抜け毛・薄毛の予防、保湿、頭皮のエイジングケアにも効果が期待できます。

ヘーゼルナッツオイル
高い浸透力があり、保湿効果・美髪効果があるとされています。

スイートアーモンドオイル
抜け毛予防、保湿効果などが期待できます。

椿オイル
頭皮や髪に良いオイルとして、昔から有名ですね^^
殺菌・抗菌作用、抗炎症作用もあると言われています。

Komari
Komari
ご紹介した種類以外にも、頭皮によい精油やキャリアオイルが沢山ありますので、お気に入りを見つけてみて下さいね!

♦まとめ

いかがでしたか?
基本の作り方を覚えてしまえば、使用するオイルやハーブはアレンジ可能ですし、自分の髪質に合わせて分量も好きなように調整できます^^

市販のものが合わない方や、手作りでコンディショナーを作ってみたい!と思った方は、ぜひチャレンジしてみて下さい♪

 

sponsored Link