無添加おすすめアイテム

びわの葉エキスでおすすめはコレ!お肌のシミや水虫対策にも使える!

こんにちは^^

今日は、夏場におすすめのナチュラル化粧水「びわの葉エキス」をご紹介します!

Sponsored Link

◆びわの葉エキスとは?

びわの葉エキス」とは、びわの葉を焼酎やホワイトリカーなどのお酒に漬けて、葉のエキスを抽出したもので、化粧水や、飲料としても使うことができます。

以前ご紹介した「どくだみ化粧水」と作り方はほぼ同じですが、どくだみの葉とはまた一味違う魅力や効能が、ビワの葉にはあるんですよ^^

さっそく、気になる”びわの葉の効能”から見ていきましょう!

びわの葉の効能

昔から、びわの葉様々な薬効があることで知られており、漢方薬や民間療法の治療などにも使われてきました。

具体的に、びわの葉にはどのような成分が含まれていて、どんな効能が期待できるのでしょうか?

びわの葉に含まれる主な成分と効能

●アミグダリン●
主にビワの種に多く含まれている成分。
癌に効くなどと言われているが、科学的な根拠は確認されていない。
鎮痛作用殺菌作用

●ペクチン●
食物繊維の1つで、腸内環境を整える。保湿効果

●ウルソール酸●
抗炎症作用シワの改善
化粧水などのスキンケア製品にも使用される。

●葉酸●
ビタミンBの1つ。タンパク質を作り、細胞のターンオーバーを活性化する。
コレステロールを下げる。血液をサラサラにする。冷え性、むくみの改善。

●サポニン●
血管を拡張子、血流を改善。免疫力UP。殺菌、抗炎症作用

●クエン酸●
疲労回復。代謝を上げる。
ピーリング効果(肌の古い角質除去)。

●タンニン●
ポリフェノールの1つ。抗酸化作用殺菌、消臭効果

上記以外にも色々な成分が含まれていますが、これだけ見ても様々な効果が期待できそうですね^^

びわの葉を使用した自然療法で代表的なものが「びわの葉茶」と「温湿布」、そして今回ご紹介する「ビワの葉エキス」です。

ビワの葉エキスの使い方と効果

さて、びわの葉をお酒に漬けて作るびわの葉エキスですが、化粧水以外にも、水で割って飲んだり、肌の皮膚炎に塗布する。

また、肩こり関節痛内臓の痛み温湿布として使うなど、沢山の使い道があります^^

皮膚に塗布する場合は、シワシミニキビ虫刺され皮膚のかゆみや炎症あせも
日焼け火傷水虫対策と言った様々な肌トラブルにも有効です。

化粧水として使用する場合は、そのまま塗布しても良いですが、精製水やローズウォーターなどで、2~10倍程度に希釈して使うのがおすすめ!

アルコール濃度や香りが薄まって使いやすくなりますし、長持ちするので^^

Sponsored Link

◆オススメのびわの葉エキスはコレ!

ビワの葉エキスは自宅で作ることも可能ですが、私は出来合いのびわの葉エキスを購入し、水で希釈して化粧水代わりに使用していますよ♪

いま使っているオススメのびわの葉エキスがこちら。
さくら堂のびわの葉エキス(100ml税込1,944円)です。

素朴で可愛らしい瓶に入っています^^

瓶に型押しされたさくら堂のロゴもまた、昭和レトロな感じで素敵ですね♡

さくら堂のびわの葉エキスは、鹿児島県産無農薬びわの葉を使用し、長野県で製造されています。

原料は、厳選して採取したビワの葉と、焼酎、さらに自家製のラベンダー植物性グリセリンのみ!

もちろん、防腐剤や香料は使用せず、天然成分で作られた完全無添加のナチュラルなエキスです。

香りは、少しアルコールの匂いと、優しいビワの葉(?)の香りがします。

ラベンダーの香りはほとんどわかりませんが、ラベンダーが入っていないびわの葉エキスと比べると、若干香りがまろやかな気がします。

希釈せずに瓶の近くで匂いをかぐと、鼻にツーンとくるアルコールの匂いがあるので、アルコールが苦手な方は注意が必要かもしれません。

びわの葉エキスが入っている瓶の蓋はコルクになっていますが、コルク詮にすることで、びわの葉エキスが呼吸できるのだとか。
ワインの様に、ビンに詰めた後もゆっくりと熟成していきます。

熟成させることでびわの葉エキスの薬効がさらに引き出され、色も琥珀色に変化していきます。

防腐剤は入っていませんが腐ることもないので、何年も保存が可能です^^

さくら堂さんでは、なんと5年熟成させたびわの葉エキスも売っていました!
なんだかとっても効きそうですね…。

ただしこちらはお値段が、100mlで5,400円とちょっとお高めです。

可愛らしい瓶に入っていますが、ビンに入ったまま使用すると液垂れして使いづらいので、ポンプ式かスプレー式のボトルに漏斗などを使って詰め替えると良いでしょう。
※さくら堂さんのびわの葉エキスは食品ではないので、食用や飲料には使えません
肌への塗布や、温湿布、びわの葉温灸用として使うことが出来ます。

◆まとめ

いかがでしたか?

びわの葉エキスの魅力は伝わったでしょうか。

私は元々シミができやすい体質なのですが、びわの葉エキスを化粧水として使うようになってから、お顔のシミが目立たなくなってきた気がします^^♪

これから本格的な夏が始まると、日焼けやその後のシミが少し心配ですが、今年も、さくら堂さんのびわの葉エキスをたっぷり塗ってシミ対策をしたいと思います!!

あ、あと蚊に刺された後の辛いかゆみ、ちょっとした肌トラブルにも使えますので、夏場は特に重宝しますよ^^

びわの葉エキスが1本あると、困ったときに色々使えて便利です。

いつか自分でも、手作りのエキスを作ってみたい!と思っていますが、こちらのびわの葉エキスがお気に入りすぎるので、当分作ることはないかも^^;

びわの葉エキスを使ってみたいけれど、作るのはちょっと大変そうだな…と思う方は、ぜひさくら堂さんのびわの葉エキスをチェックしてみて下さいね♪

sponsored Link